筑陽学園中学校TOP >学園紹介 >校長あいさつ

筑陽学園中学校 校長あいさつ

柔軟でたくましく生き抜く力を育てるために。

筑陽学園中学校
校長 新田覚二郎

筑陽学園は、平成3年の中高一貫科設置を機に、個性を大切に育む学園として、着実にその実績を重ねてまいりました。 これからも、ゆとりと規律が共存する校風のもと、校訓である「人を愛し ひとに愛される人間」の育成を指針に「生きる力」を培う教育を推進していきたいと考えております。 繊細で多感な中学時代においては、個々の人格を重んじ、主体的に取り組む行事や学習環境を充実させ、学ぶ楽しさを知ることで「自発心」を育て、同時に、自己判断の重要性を体得する「自立心」を育んでいきます。高校では自ら目標を見いだし、それを達成する能力と資質を確立させていきます。
また中高一貫6ヵ年において「英語コミュニケーション能力」と「大学受験英語力」を共に養う取り組みを実施しており、高度情報化・国際化が複雑化する21世紀に求められる英語力を養成していきます。
本校では、いかなる時代にあっても、既成概念にとらわれることなく、柔軟でたくましく生きる人間を育てる学園であり続けたい、そう考えています。 子供たちが明るく素直に成長する姿を、保護者の方々に安心して見守っていただけるよう、職員一同、全力で取り組んでまいります。

Copyright © 2008-2017 Chikuyo Gakuen All Right Reserved.